MENU

私が実印を始めて作ったときの思い出

初めて一人暮らしをすると、やっておくべき必要なことが結構たくさんありますね。
例えば、引越しの手続きや必要なものを買い揃えたり、転居転出の届出などなど・・・

 

そのなかで自分の印鑑、つまり実印をつくるのも、一人暮らしをしてみて、初めて経験することでしょう。
みなさんもほとんどの方が、このときが実印をつくるのが初体験でしょうか?

 

私は新卒で就職するための引越しをする前に、地元のはんこ屋さんに行って約2万円くらいで実印をつくってもらいました
実印をつくるなんて初体験なので、どう言ったらいいか「実印欲しいんですが」で大丈夫なのか少し緊張したことを、なんとなく覚えています。もちろん「実印欲しい」でオッケーでした。

 

申し込む際にはお店の方から、書体や、印鑑の素材?をパンフレットのようなもののカタログの一覧を見せられました。私はそこから選んだんですが、正直どれがいいのか、そんな書体や素材を選ぶなんて思いもしなかったので、結構適当に選んだと思います。

 

それから1週間ほどで実印は完成し、お店に取りに行き受け取りました。しっかりとした素材のはんこ入れにはいった実印はシャチハタや認印と違って、重厚な感じがしました。

 

自分のフルネームが入ったはんこを初めて見て、「すごいな」と思ってテンションがあがったり、大人の仲間入りをしたような気がして、実が引き締まる思いがしました。

 

今、仕事を続けていますが、あの新人時代を思い出すうえで、実印を作った思い出も私の大切な思い出のひとつになっています。