MENU

実印を持つこと

実印と聞いて、大人になったら持っているんだろうなと子供の頃は特に意味もなく漠然と思っていました。
しかし、実際は成人してからも私は持っていなかったのです。
実印は使う時は、本当に少なくて、なくても全く問題はなかったのです。
結婚してからも、主人が持っているからと私は必要ないので、作りませんでした。
そして年月が経ってから、両親が他界した時、相続の手続きをしないといけなくなった時、実印が必要であると知りました。

 

それまで相続でいると知らなかったので、ないことに焦りました。
とりあえず慌てて作りに行き、役所での登録と葬儀の後に、バタバタと手続きをしないといけなくなりました。
実際、使う頻度は本当に少ないのですが、私の経験上で、感じたことは結婚した際は、どんな時に必要になるかわからないので、作っておけば良かったと感じました。

 

 

これから成人を迎え、大人になっていく子供達には、ぜひ親や周りの大人たちがいろんなはなしをしてあげて
実印に限らず、使う頻度が少ないものでも、必要だということを教え伝えていく必要があると思います。

 

近年は、若年層の車の利用が増えているので、車の購入にも実印がいるので、実印の所有率は増えつつあると思いますが
親名義や家族名義で所有している方々も大勢いますので、この機会に考え方を変えていただければと思います。
そして、成人式を迎えたお祝いでご両親やご家族の方々が実印をプレゼントしてあげるということも素敵なお祝いだと思います。